ドンママライブラリー

おばあちゃんと一緒に!今月の絵本の時間
つららがぽーっとん
つららがぽーっとん

朝 目を覚ますと テレビ、ラジオの音 夜 床につくまで・・・
私たちの 生活の 一部になっていませんか?テレビ、ラジオ 見なくても 聞かなくても音だけ流れてる。
今回の 絵本は 自然の音を 聞きながら 春がやってくる 様子がわかる 絵本です。
北九州では つららが ぽ~っとんは 無理だよね。
おばあちゃんが 子どもの頃は家の(北九州)軒先に つららが 下がっていたよ。
「つらら つらら つららさん まどのそとの つららさん はるは ちかいかどうか おしえてよ」季節が 変わっていく 様子が つららの とける音で わかります。春が 近くになると 音が だんだん早くなるんだね。
家の 周りにも 草、花が 春の準備を しているよ。目で、耳で 感じられたら うれしいね。もうすぐ 春が くるよね。




おにはそと
おにはそと

「おには そと」「ふくは うち」せつぶんのひに ちびおにが にんげんの こどもに つかまって しまいました。
おにの おやぶん 「そりゃあ いちだいじ」と まめを ぶっけられても へいきな よろいを つくって ちびおにを とりかえしに でかけました。 おにの おやぶんは ちびおにを ぶじに とりかえすことが できるかな?
節分に 豆をまく(いり豆)戸口に ヒイラギ、いわしの頭を置く 地方によって いろんな説があると 思いますが、どうして「おには そと」「ふくは うち」と 唱えて 豆をまくのかな なぜ? いり豆?
お子さんと 考えてみて


絵本推薦:杉山 英子
中学校職員、図書館職員を経て、長きに渡り絵本に携わり、たくさんの子どもたちに絵本の読みきかせをしている。現在、おはなしボランティアすぎのこ代表、手づくり布のボランティア 長月の会代表。


 

Copyright (C) profitto.co.,Ltd. All Rights Reserved.