特集

「七五三のマナー」子どもたちがキラッと輝く日…七五三。そんな姿を見て、ご両親も「成長した」喜びを感じることができるのではないでしょうか?でも、ちょっと待って!七五三って何したらいいの?って困っていませんか?そんなあなたにご紹介しちゃいます。七五三のあれこれ。今回は、八坂神社様、ハートスタジオ様にご協力頂きました。
そもそも七五三って、何だろう?

【八坂神社】
  この行事の起源は室町時代までさかのぼり、もともとは武家社会での行事でした。中国の陰陽道の思想により、七、五、三の奇数の年が縁起が良いとされ、子どもたちの成長過程においても大切な節目に当たるため、無事この年齢を迎えられた事を喜び、感謝して、様々な祝い事をするようになりました。これらの行事を総称して、明治以降東京を中心に関東地方から全国に七五三祭りとして広がりました。祭式日は一定ではありませんでしたが、江戸時代始めの頃、五代将軍徳川綱吉公の幼少時に、陰陽師の説く年中最上吉日の一つに当たる、霜月十五日が選ばれて祝儀が行われたのが、一般的にも見習われ、この日に行われるようになったとも言われています。
  また、この祝いは数え年で行うのが正式です。

 
年齢によって、お祝いの仕方にちがいはある?

【八坂神社】
  武家社会で発生したとされるこの行事ですので、それぞれの年齢に達すると、以下のような厳粛な祝い事をしていました。まず男女児とも三歳になると髪置の行事と称して、身分の上下を問わず、頂髪を置く儀式が厳重に行われ、菅糸で作った白髪のカズラを頭にかぶせ、白髪になるまで長寿であれとの意味で子どもたちの成長を祝いました。五歳を迎えた男児は袴着の儀式があり、袴をはき、小袖を着て、基盤の上に吉方を向き立たせ、その成長を祝いました。また、七歳の女子は帯解きの儀式として、帯の代用としていた付け紐を取り去り、衣服の脇をふさいで初めて帯を締めさせる儀式で、これよりは本式の帯を締め、着物は振袖にかえ、一人前の大人の仲間入りの祝いをしました。各地方によって、その内容については、若干の違いがあるようですが、古今東西いずれにしても、子どもたちの無事成長を祈る親心に変わりはないようです。

 
千歳飴には、どんな意味があるの?

【ドンママ調べ】
  七五三では、千歳飴を食べて祝います。千歳飴は、親が自らの子に長寿の願いを込めて、細く長くなっており(直径約15mm以内、長さ1m以内)、縁起が良いとされる紅白それぞれの色で着色されています。鶴亀や松竹梅などの縁起の良い図案の描かれた千歳飴袋に入れられており、江戸時代の元禄・宝永の頃、浅草の飴売り・七兵衛が売り出したのが始まりとされています。

千歳飴
 
参拝は、絶対に11月じゃないといけないの?

【八坂神社】
  前述のように、元は期日の決まりは確定していた訳ではありません。 しかし、昔は子どもの致死率が高かったため、子どもの無事成長を切に願って、縁起を担ぎ、当時一年の最上吉日とされた日を選び、また徳川三代将軍家光公が後の五代将軍となる幼名徳松君の無事成長を祈り、この日を選んで祝い事をしたのが広く知られ、11月15日を「七五三」のお祝いの日とするようになったとも言われています。
ですから、絶対にと言うことではありませんが、風習として11月15日が「七五三」として認識されており、この日を中心に前後の土曜日・日曜日に参拝される方々が多く見られます。
  お祓いにつきましては、当社では一年中お受け致しますが、「七五三」につきものの千歳飴や、それにちなんだ縁起物等は10月1日受付から準備しており、だいたい12月の始め頃まではありますが、それ以後、またはこの期間以外にご参拝の方には、別の物をご用意させて頂いております。


参拝の仕方を教えてください。

【八坂神社】
  まず鳥居を潜る時に一礼します。ついで門を潜り、手水舎にて作法通り口をすすぎ、手を洗います。御祈祷をする方は社務所にて受付をすませ、昇殿してお払いを受けます。御祈祷を望まない方は、拝殿前に進み(鈴のある所)、お賽銭を入れ、鈴を振り鳴らし、二拝二拍手一拝にてお参りをします。鳥居を出る時、神殿に向かい一礼して出ます。

 
御初穂料・御玉串料(または御祈祷料)の金額は決まっているの?

【八坂神社】
  料金については、お宮により違います。当社ではお払いの上、千歳飴・キャラクター風船・お守りをお付けして「五千円」とさせて頂いております。

 
絶対に着物で参拝するの?

【八坂神社】
  前述のように「七五三」と言うのは、それぞれの年齢に達して、さらに元気に成長して行くことを願い始められた日本古来の文化でもあります。子どもから大人への成長の一過程の中で、髪型・服装を子どもから大人へと替えて本人の自覚を促すと共に、周囲も子どもと言うより一人前の人間としてあつかい、また、氏神様に氏子の一人として認めて頂くと言うことも含まれています。最初に述べたように、それぞれの服装には意味合いがありますが、現在にそれをそのまま当てはめることが適切なことであるかどうかには、賛否あると思います。普段着ではないきちんとした服装であれば、着物に限定されるもではありません。

 
親の服装は?

【八坂神社】
  親の服装も子どもさんと同じで必ずしも着物である必要はありません。しかし、神事に参列する時は正装でと言うことは今も昔も変わりはありませんので、子どもさんだけきちんとした服装で、親や付き添いの方々はラフな服装と言うのでは、神様に対し不敬となります。きちんとした服装と言っても、その感覚に個人差がありますので、例えば男性は洋装ならスーツにネクタイの着用、和装であるなら羽織・袴で、女性は洋装ならワンピース、和装ならば小紋や訪問着あたりが適当だと思われます。ただし、男女ともジーパンでの社頭参拝はご自由ですが、昇殿参拝はご遠慮下さい。
  いずれにしましても、ご近所・親・兄弟に成長した我が子をお披露目し、あわせて神様に無事成長した姿を御神前にてご報告し、さらなるご守護をお願いする「晴れ」の日でもあります。背筋を伸ばし、感謝の心を持って参拝致しましょう。

 
写真を撮るのは、なぜ?

【ハートスタジオ】
  七五三は子供の成長をお祝いする為の伝統ある通過儀礼。家族にとってもお子様にとっても、しっかり記憶と記録をとっておくことが大事だと考えています。写真を撮る事は七五三を祝った記念として撮影されています。
  私たちスタッフがいつも感じる事ですが、通過儀礼などの行事を子供はちゃんと分かっていて、いつもと違う行動で大切にされている事を実感していますし、お母様やお父様がオシャレすることを凄く喜びます。できれば家族写真も撮影されることをお勧めしています。
  写真館で撮影をする事が家族にとっての共通の記憶として残ってもらえれば、お子様が大きくなった時に写真を見ながら家族で思い出話をするひとつのアイテムにもなりますし、1枚の写真が家族の宝物になると思っています。。

 
いつ頃撮影に行ったらいいの?

【ハートスタジオ】
  お子様の様子をお母様が判断して、数え(生まれた時を1才)とか満(通常の年令の数え方。誕生日で加算)とかで決められていますが最近は満年令が多いようです。
時期ですが、11月15日が七五三なのですが、近年は夏場に撮影をする事も少なくありませんし、9月や10月に撮影される方が多くなっています。特に土日祝日はどこの写真館も予約が取りづらい(特に10月の後半から11月中)状況になっているので早めの連絡が良いと思います。
  また、最近では写真撮影日と神社お参り日を分けてされる方もいらっしゃいますし、色々なプランがあるので相談されるのも良いと思います。

 
撮影の時は何を持っていけばいいの?

【ハートスタジオ】
  基本的には何もなくても撮影できます。
ただお子様がぐずった時に元気がでるお菓子(ハイチューなど)や大好きな人形など撮影の支障にならない程度のものは持ってきていただいても構いません。
  またこの機会に特に一緒に写して欲しいもの(お母様の子供の頃の髪飾りとか・手作りのビーズアクセサリー等)があればお子様とっても家族にとっても記念の1枚になると思います。

 
撮影の服は貸してもらえるの?

【ハートスタジオ】
  七五三パックは衣裳レンタルが付いています。私たちの衣裳パックは着物と洋装(ドレスかタキシード)を各1着ずつ着ることができますし、ヘアメイクや着付け、写真も入ったプランになっています。
また家族写真・兄弟姉妹用の衣裳をご希望の方には子供用(赤ちゃんから7才位まで)だけですがございますのでご相談下さい。

 
お祝いのお返しはどうしたらいいの?

【ドンママ調べ】
  七五三は内々のお祝いな事なので、両親や祖父母などの身内で行います。本来、七五三のお祝いにはお返しは不要ですが、代わりに内祝いの席を設けたり、「内祝」のお赤飯と千歳飴を持ってご挨拶に伺う所もあります。遠方の祖父母には記念に撮った写真やビデオとお手紙、心のこもった品物を添えて11月末までには送るといいでしょう。
  記念写真を名前、日付、感謝のメッセージを刻んだ写真立てに入れて贈ると喜ばれるのではないでしょうか?


取材協力:八坂神社、ハートスタジオ

 

Copyright (C) profitto.co.,Ltd. All Rights Reserved.