みんなともだち

みんなともだち:【社会福祉法人小倉新栄会 新栄ひまわり保育園】

先生の温かい胸に抱っこされた、ひよこ組(O歳児)の子どもたちが、大きく口を開けて離乳食を食べている。「美味しいね。」優しく声をかけられる様子から、大切に育まれているとことが伝わってくる。「家では、赤ちゃんを抱っこして食べさせるでしょう?」より家庭に近い環境で保育したい、という園長の子どもたちへ注ぐまなざしは慈しみに満ちている。
看護師の先生は普段はエプロン姿だが、園児全員の健康管理を担っているので、月曜日の集会では、看護師の服装で、子どもたちにうがい手洗いの大切さや病気の予防について話をするという。
とこは、医療事業を柱とする社会福祉法人小倉新栄会が運営する保育園。クラスには、うがい用のお茶、病院のlCU(集中治療室)にあるものと同等の空気清浄機が常備され、子どもたちの毎日の健康を守っている。
また、地域貢献を理念とするこの園では、子育ての相談を受けたり、保育士体験を受け入れたり、育児講座を行ったりなど、積極的に地域の人々と交流している。人と人との優しさの輪、信頼関係の中で育つ子どもたちだから、この日も取材に訪れた私たちを、生き生きとした瞳で迎えてくれたのだろう。
平成20年開園の新しいこの園を舞台に、のびのび育つ子どもたちがどんな未来を描き、歴史をつくっていくのか、これからが楽しみだ。

 


 

Copyright (C) profitto.co.,Ltd. All Rights Reserved.