みんなともだち

みんなともだち:【小倉第一病院院内保育エコ・エーコ園】


この小倉第一病院には、「エコ・エーコ園」という保育園がある。
ユニークなネーミングは「エコロジー」と「良い子」を掛けてあるそうだ。
預けてすぐに働けるよう、病院から歩いて二分ほどの職員寮内に設置されており、病院の勤務時間と認可保育所の時間帯が合わないことから作られたのだという。
明るい日差しが降り注ぐ中、7名の子どもたちがお弁当を食べていた。7名ではもったいないくらいの広いお部屋には、キレイに整頓されたおもちゃや絵本が並び、楽しい音楽が聴こえている。年齢の割にお箸の使い方が上手だなと見ていると、取材に同行してくれた事務職員の岸良さんが「園に預けている間にできるようになっていることが多いんです。年齢もバラバラだし、先生の目も行き届いているのできっと成長が早いんですね」とニッコリ。
お弁当が終わると、歯を磨き、すすんで自分のお着替えの洋服を持って所定の位置に待機する。一番年上のおうちゃんがみんなが食べ終わるのを待っているのを見て、驚いたほどだった。


お弁当美味しい?

 

みんな絵本に夢中



このエコ・エーコ園は、通常の保育園と同じように、入園のしおりがあり、年齢に応じて一日のタイムスケジュールもある。当然ならし保育もあり、お母さんとの連携をとりながら保育園へとならしていく。

慣らし保育の間は預ける時間が短いため、その間ママは病院内の皆が集うパソコンルームで、いなかった期間の情報をゲットしている。自分専用の業務連絡システムで、薬や医療の変化を確認したり、スキルアップの為に学会のまとめを見たり、中には患者さんの誕生日や「バッグいりませんか?」というコミュニケーションをとるためのページを見てリラックスしたりしている。一般的に離職率が高い看護師さんに少しでも不安をなくして戻ってきてもらえるようにと病院側の配慮が窺えた。

先生の絵本の読み聞かせを楽しんだ後、お昼寝に向かった子どもたち。エコ・エーコ園の子どもたちがママやパパだけでなく、病院のスタッフみんなから愛されて育ったということを知る日も近いだろう。素直に、小倉第一病院の看護師さんをうらやましく思い、働くママを支える企業がもっと増えたらどんなにいいだろうと考えさせられた時間だった。

 

お昼寝のお部屋


情報はここでゲット!



【エコ・エーコ園】
住所:北九州市小倉北区真鶴2丁目5-12 医療法人真鶴会 小倉第一病院 院内保育
URL:http://www.kdh.gr.jp/


 

Copyright (C) profitto.co.,Ltd. All Rights Reserved.