みんなともだち

みんなともだち:【学校法人円応寺学園 聖ヶ丘幼稚園】

大きく生い茂る木々に囲まれた園庭には、心地良い木陰ができていた。春には桜が咲き誇り、秋には楓が色づくという。どんぐりや栗拾いも楽しめる。秋が深まると、子どもたちが集めた落ち葉を使って、園内で収穫した芋で焼き芋を作るそうだ。高台にあるこの園は、まちなかにあるとは思えないほど、豊かな自然に囲まれている。
この日誕生会が行われる講堂からの眺めも素晴らしい。門司港はもちろん、下関、彦島まで見渡すことができる。それぞれのクラスから子どもたちが集まり、誕生会が始まった。まず御仏様にお線香をあげ、合掌した後、あいさつをテーマとした唱和がある。「朝はおはよう、…(中略)…いたわる言葉はご苦労様、お礼の言葉はありがとう。愛の言葉に花が咲く」子どもたちの素直で元気な声が胸に染み込んでくる。挨拶を大切にするこの園の子どもたちは、みんな伸び伸びしている。「大きな声で挨拶をすると、自分に自信がつくのです。」と園長が話す。自分に自信をつけた子どもたちは、年下の子どもたちにも優しくできるのだろう。自然に縦割りのつながりができているという。
誕生月の子どもたちは、舞台上で一人ずつインタビューを受ける。みんなの前で話すことは、貴重な経験だろう。続いて誕生月を迎えた子どもの保護者へのインタビューがある。ここでは、お祝いを受ける子どもの保護者も招待されるのだ。「名前の由来は?」「将来どんな人になって欲しいですか?」お母さんたちの答えを聞いて、子どもたちは、くすぐったそうな、でも誇らしげな表情を浮かべている。自分たちが望まれて生まれ、愛されていることを実感するのだろう。
玄関横には、子どもたちを見守るような優しい表情を浮かべたお地蔵様の像が立っている。その足元には園内で実った栗が供えられていた。台座に刻まれた「あかるく ただしく なかよく」ということばのとおり、子どもたちはすくすくと心豊かに育っている。

文/筬島聖

 

 

学校法人円応寺学園 聖ヶ丘幼稚園
園長■矢野 義明
住所■〒803-0841 北九州市小倉北区清水4-5-1
TEL■093-581-5000


保育目標

楽しい幼稚園生活の実現を図る
■いつも元気な子ども
■誰とでも仲良く遊ぶ子ども
■よく見たり考えたりする子ども
■いろいろな事をすすんで行なう子ども
■仏さまに手を合わす子ども(感謝の心)

DATA

■時間/8:30から14:00または15:00まで
■延長保育/あり
■制服/あり
■通園バス/あり
■給食/月火木金


 

Copyright (C) profitto.co.,Ltd. All Rights Reserved.